TOPへ

更年期障害のプラセンタ治療(自由診療)

更年期障害について

更年期障害について女性の身体は大きく2種類の女性ホルモンのバランスによって複雑にコントロールされています。しかし40歳をすぎたころから、女性ホルモン分泌器官としても重要な働きをしている卵巣機能が徐々に低下して閉経に向かっていきます。閉経前の5年間は女性ホルモンの分泌が大きくゆらぎながら低下していき、閉経によって変化の底を打ちその後5年間をかけてだんだんと変化した身体になれていきます。この閉経を挟んで前後5年間の変化の時期は女性の更年期と定義づけられています。日本人の平均的な閉経年齢は50歳ですので、45歳から55歳が平均的な更年期となります。
更年期におこる症状としては、のぼせ、ほてり、発汗、睡眠障害、肩こり、頭痛、めまいなどの身体症状や、不安、イライラ、抑うつといった精神症状まで様々です。
こうした症状が強くあらわれ、日常生活に支障があらわれるような状態を更年期障害と言います。
また、女性ホルモンの減少によって、骨のリモデリングやコレステロールのバランスなどにも影響があらわれ、骨粗しょう症や脂質異常症といった疾患も合併しやすくなってきますので注意が必要です。

更年期に現れる様々な症状

更年期障害であらわれる症状は、人それぞれで多様なものがあり、その程度も様々です。また更年期障害とよく似た症状をあらわず内分泌障害などもあります。更年期だからとあきらめてしまうことなく、気になる症状があったらいつでもご相談ください。

血管拡張と放熱による症状

のぼせやほてり、大量の発汗などいわゆるホットフラッシュと呼ばれる一群の症状

体に起こる様々な症状

動悸、めまい、息苦しさ、胸が締めつけられるような感覚、頭痛、肩こり、腰痛、背中の痛み、関節の痛み、冷え、疲労感など

精神的な症状

イライラ、抑うつ、情緒不安定、意欲の低下、睡眠障害など

プラセンタとは

プラセンタとは胎盤のことです。胎盤はへその緒を通じて胎児とつながっており、胎児の成長のための酸素や栄養を届ける重要な役割を果たしている部分です。この胎盤には、胎児への栄養素として必須のたんぱく質、アミノ酸、ビタミン、核酸など様々な成長因子を内部に保持しています。
胎盤からこれらの栄養素や成長因子だけを抽出したものがプラセンタエキスです。プラセンタエキスが配合されたものはサプリメントとして錠剤の形で市販されていますが、医師が使用するプラセンタエキスは特定生物由来製剤として、説明および記録保存義務があり、処方が必要な皮下注射薬です。そのため、経口投与と比べて薬効効果も非常に高いものがあります。
当院では、プラセンタエキスの中でも厚生労働省から承認を受けている「メルスモン」を使用しています。メルスモンは健康で感染歴のない母体に由来する胎盤のみを使って、有効成分のみを抽出し、121℃で30分間という最終滅菌も行った後、アンプルの形態にして出荷するもので、現在まで感染事例は一例も報告のない安全性の高いものです。

プラセンタ療法

プラセンタ療法プラセンタは錠剤の形やクリーム配合等様々な形で利用されていますが、更年期障害の治療目的の場合は、皮下注射による投与となり、更年期障害のほかには乳汁分泌障害、肝炎などの治療に用いることで厚生労働省から認可を受けています。またこれらの効果のほかにも、抗アレルギー作用、お肌などのエイジングケア、疲労回復などに対する効果も確認されています。

プラセンタの作用

免疫賦活作用 免疫力を向上させて、細菌やウイルスなどを侵入しにくくし、また病気に対する抵抗力を高める作用
活性酸素除去作用 活性酸素を除去することで組織の老化を防ぐ作用
強肝・解毒作用 肝臓の働きを強化し、肝臓の解毒作用を亢進することで、老廃物や毒性のある物質の解毒・分解、体外排出能力が増強
乳汁分泌促進作用 乳汁分泌の促進
抗アレルギー作用 免疫力を高めることで、細胞が活性化し、アレルギー反応を抑制する作用
疲労回復作用 豊富な栄養成分の補給による細胞の活性化、自然治癒力の向上による疲労回復作用
美肌促進作用 強力な保湿作用、お肌のターンオーバーの正常化、抗炎症作用などによる肌トラブル改善、美肌・美白作用

プラセンタの効果

部位 効果
肝臓 アルコール性肝炎、ウイルス性肝炎、脂肪肝、肝硬変、など
胃腸 慢性胃炎、胃下垂、便秘、胃・十二指腸潰瘍など
婦人科 更年期障害、月経困難症、冷え性など
整形外科 肩こり、腰痛、神経痛、関節リウマチ、関節痛など
アレルギー科 気管支喘息、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎など
神経科 うつ病、不眠症、頭痛、自律神経失調症など
美容(肌) 美肌、美白、シミ、シワ、たるみなど
その他 貧血、糖尿病、膠原病、放射線障害、がん、白目の濁り、耳鳴り、アルツハイマー型認知症、臭覚・味覚障害、歯周病など

費用・注意事項

※自由診療でラエンネック1アンプル(自費)につき1000,円です。
※プラセンタ療法は、女性更年期障害の治療として行う場合、45歳から59歳までの年齢の方であれば、更年期障害の診断を受けている場合に限り健康保険適用の治療となります。対象年代の方女性でもそれ以外の美容目的などの場合は自由診療となります。

プラセンタ治療は週2~3回継続して受けることで長期間効果を保つことができるため、効果を見ながら、どの程度の頻度で投与するか加減していきます。

プラセンタ療法の注意事項

プラセンタ療法に用いる「ラエンネック」は特定生物由来製品として、患者様への説明、治療後の届出が義務づけられています。当院でもそれに従って事前に十分な説明を行い、ご理解いただいた上で、同意書に署名をお願いしております。
また、ヒト由来製品ですので、プラセンタ注射を行った方は、日本赤十字社の措置としてそれ以降献血を行うことはできません。製品の安全性には十分配慮がなされていますが、現在の検査方法では未知のウイルスの検出ができないということが理由です。
なお、効果がどの程度感じられるかは、患者様それぞれによって異なりますが、継続して注射を行うことで効果を実感される方は多くなっています。