TOPへ

ブログ

意外と知らない?七草粥の効果について

 

ごきげんよう!管理栄養士の大塚です。

 

本日1月7日は、人日(じんじつ)の節句

行事食として、七草粥を食べる習慣があります。

 

皆さんは春の七草、すべて言えますか?

私は小学校のころ呪文のように唱えて覚えた記憶があります、、、

 

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ

ゴギョウはハハコグサ、ハコベラはハコベ、スズナはかぶ、スズシロは大根のことですね。

 

七草粥を食べると、1年間を無病息災で過ごせるとされています。

この習慣は、なんと江戸時代から続いているそうですよ。

 

 

 

ところで七草にはどのような栄養があるのでしょうか?

 

〇せり…鉄や食物繊維が多く、貧血や便秘解消に効果的

〇なずな…止血、解熱効果

〇ごぎょう…咳や喉の痛みを和らげる作用

〇はこべら…利尿作用、むくみ緩和、整腸作用

〇ほとけのざ…食物繊維、ビタミン類が豊富、抗酸化作用

〇すずな…葉に栄養が多く免疫力を高める効果、身の部分は消化酵素が多く胃腸の調整作用

〇すずしろ…葉に栄養が多くビタミンCや抗酸化作用、身の部分は消化不良に効果

 

 

 

全体的に食物繊維やカリウム、消化酵素が豊富

お正月で疲れた胃腸を整える効果があります。

 

 

ただ、お粥は消化しやすいため、お腹にたまりづらく

たくさん食べてしまう

後々おやつを食べたくなる

こんなことにならないよう気を付けたいですね。

 

なんでも食べすぎには注意して、体にやさしい食事を続けましょう!

今年も元気に!どうぞよろしくお願いいたします~!!