TOPへ

ブログ

全糖尿病患者が知っておくべき!ズボラ食事術!

糖尿病と食事

 

 

こんにちは!管理栄養士の木村です!

みなさんは、普段ごはんを食べるとき「食事のバランス」は意識できておりますか?

つい、カロリーを気にしがちですが、健康のためには

食事のバランスを整えてあげることがとても大切です。

 

 

「手計法」を使うと毎回面倒なカロリー計算をしなくても、

 

●1食で簡単に栄養バランスを整えられる

●血糖値の安定につながる

●痩せ体質が手に入る

というメリットがあります!!

是非マスターして普段の生活に取り入れてくださいね。

 

 

簡単に栄養バランスが揃う、「手計法」とは??

 

手計法とは、手のひらを使って1食の目安量を確認する方法です。

 

▼手計法

 

 

【1食の目安量】

主食(ごはん、パン、麺など)…両手1つ分

主菜(肉や魚)…片手1つ分、(卵、大豆製品)…片手2つ分

副菜(サラダ)…両手1つ分、(加熱野菜)…片手1つ分 ※きのこや海藻も含む

 

【1日の目安量】

乳製品(牛乳やヨーグルト)…指1本分

果物…握りこぶし1つ分

嗜好品(お菓子)…片手に乗るくらい

アルコール(ビール)…指1本分程度、(焼酎)…親指1本分

 

※嗜好品やアルコールを摂ることで、エネルギーがオーバーしてしまいます。

摂りすぎには気を付けましょう。

 

食事は1日3食、バランスよく摂ることが大切です。

上手く生活に取り入れて健康的に痩せていきましょう!

 

 

↓当院の受診予約はこちらから↓

ここから予約する

 

管理栄養士 木村の出勤は月、金、土曜日 ➡Instagramはここから!

管理栄養士 大塚の出勤は水曜日となっています。 ➡Instagramはここから!

※変更になる場合もあるため、公式ラインよりご確認ください。