TOPへ

ブログ

冬に食べたい 糖尿病患者さんが食べたい秘密の食材TOP3!

糖尿病と食事

 

こんにちは!管理栄養士の木村です。

 

年末年始で外食の機会も増えるこの時期は

血液検査のデータが悪化しやすい傾向にあります!

 

今回は糖尿病患者さんが食べたい秘密の食材TOP3と題しまして

冬に食べてほしい「おでん」の具材TOP3をご紹介いたします!

 

糖尿病があってもおでんを食べてもいいの??!と思うかもしれませんね。

 

おでんを食べる際に気を付けていただきたい点は、

・練り物を食べすぎない

・汁は残す

この2点!ちくわや練り物は塩分が多いので摂りすぎないようにしましょう。

また、おでんの汁は塩分が多く、200mlあたり1.9g相当の食塩が含まれます。

 

塩分の入っていない、辛子を付ける、など工夫をしながら楽しみましょう!

それではさっそく、オススメの食材を紹介いたします!

 

第3位 こんにゃく

 

 

 

 

 

 

おでんのこんにゃく1つ分で炭水化物は約1.2gと少なく

そのうち1.1gが食物繊維です。

 

エネルギーも低く、グルコマンナンという水溶性食物繊維が豊富に含まれるため、腸内環境の改善にも繋がります!

腸内環境を整えることは間接的に血糖コントロールの改善にも繋がりますよ!

 

第2位 牛すじ

 

 

 

 

 

 

牛すじはたんぱく質が豊富です!

筋肉をしっかりつけることで血糖の取り込みをスムーズにしてくれます。

牛すじ1本でたんぱく質約10g摂ることができ、1食の必要量の半分近くを摂ることができます。

カロリーは52Kcal、炭水化物量は0gです!

 

第1位 ゆで卵

 

 

 

 

 

 

卵は1つ76Kcalでたんぱく質は6.2g、炭水化物は0.2g入っています。

「完全栄養食品」とも呼ばれており

食物繊維とビタミンC以外の栄養素をバランスよく含んでいます!

卵はコレステロールが高いという指摘もありますが、食品から摂るコレステロールと血中のコレステロールはあまり関係がないことがわかってきました。

とはいえ、食べすぎはよくないので、1日1個~2個を目安に摂りましょう。

 

▼食材の栄養価まとめ

 

 

 

 

 

 

 

▼おでんの塩分量早見表

 

 

 

 

 

 

もし塩分を摂りすぎたなと感じる場合は、翌日で調整してみましょう!

おでんを主菜として、ごはん、サラダなどを組み合わせてあげるのもオススメです。

ご自身の適正カロリーに合わせて取り入れてみてください!